水素に満たされる生活空間

人は加齢から逃れることはできません 呼吸をし体内に取り入れた酸素はその一部が活性酸素に変化します

この活性酸素は鉄が錆びるように人間の体を酸化させ老化や病気を引き起こす原因の一つになっていると言われています

悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルに対抗する物質は外から取り入れないとだんだん少なくなっていきます

水素分子は極小です。他の抗酸化物質と比べると大きさが全然違うのです

毛細血管は水素原子の100,000倍~200,000倍の直径

水素が車だとしたら毛細血管は10万車線ある道路を走るみたいなもの

体の中で、活性酸素が最も多く発生しやすく、その攻撃を受けやすいのが脳といわれています 。
水素はビタミンCでも通れない脳内の組織にまで到達し抗酸化作用を発揮すると言われています

水素は数ある抗酸化物質の中でも今一番優れていると言われています。

水素を摂り過ぎても溜まることはなく、体外に放出されます。水素は食品添加物として厚生労働省から認可され副作用もなく安全と考えられています。

世界中の大学や研究機関で水素の効果は確認されており水素分子は、病気の治療、病気の予防、老化防止(アンチエイジング)、健康増進、美容、ダイエットと幅広い領域への利用が期待されています。

水素の弱点は?

市場には沢山の水素水が販売されており、水素の濃度や、水素が抜けにくい構造を競い合っています。
しかし水素分子は細胞レベルまで浸透する極めて小さな分子であるためペットボトルなどの容器に保存してもあっという間に水素が抜けてしまい保存が難しいのです。

 (通常の1気圧の水では、約1.6ppmが自然界の水素分子が溶け込む溶存水素濃度の飽和値これは科学的な計算でも証明されています。PPMは100万分の1の単位で、%(パーセント)で表すと1万分の1%(0.0001%)つまり1ppmの水素水は1L中0.0001%の水素濃度の水ということです。)
(水素がいいのはわかるんだけどね・・・水を大量に飲むのはしんどくない?

 1ppmの微量な水素水を大量に飲むより、水素そのものをそのまま取り込む方が効率がいいのです。

なによりも、水に水素を溶かして飲む水素水は、水であるために、飲める量に限界があり、当然取り込める水素量にも限界があります。

 現在医療現場やクリニックでの主力は医療機器としての水素吸入機です

ECOST Hydrogen Generator
BHelement 水素発生合金 特許取得済 特許5753987号

当社の水素発生合金は、5グラムあたりで6リットルの水素を発生させることが可能です。※1

これが、この合金の特徴であり特許技術となります。

そして、その膨大な発生量によって可能となったのがECOST Hydrogen Generatorでの水素吸入です。

水素H₂1molの質量は2g、体積は22.4L となるので、
2000mg÷22.4=1Lで約89mg 水素6Lで約534mg
1ppmは、1Lの水に1mgの量

通常 MAXの飽和水素水で約1.6ppmだと
1回分5gで1Lのペットボトル333本分の水素を発生

※1 理論値によるメーカー調べ

BHelement 特許5753987号

BHelementrは水素としては珍しい特許取得商品となります。

BHelementは、特許製法により製造された特殊合金となっており、水素発生量は僅か5gの合金で6リットルの量を発生させることを可能にしています。

これは水素水で換算すると、1Lのペットボトル333本分の水素を発生しそれと同等の水素を取り入れることを可能としており、市販商品と比較にならない発生量を誇ります。

Hydrogen generator

Hydrogen generatorはBHelementが発生させる水素を吸引するための専用装置となります。
BHelementを専用装置であるHydrogen generatorに水とともにセットし、超音波によって水素ガスを噴き出す仕組みです。
水素ガスは水のミストと共に噴き出すため水 素を全身で浴びることができます。
美容にはもちろん脳の毛細血管にまで水素を届けることが可能になっています。

1回分5gで1Lのペットボトル333本分の水素を発生

水素を全身で浴びることで、美容にはもちろん脳の毛細血管にまで水素を届けることが可能になっています

 お申込みはこちら